スッポンの置き針

  1. スポンサーサイト
  2. 置き針でスッポン捕獲


スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

置き針でスッポン捕獲

2013.02.24
置き針とは一般的には流し針とも言われ、針に糸を付けただけのシンプルな仕掛けで
オモリは流れの有無で判断します


エサをつけて水の中に放り込んで30分ぐらい放置してから確認するだけの原始的な方法です。
まあ、30分と云うのはオイラのようにポイントを絞っているために
スッポンが近くに居ると思われる場所ですから釣れるだけなのかも知れませんが
まあ、適当に仕掛けて1時間以上放置すれば、近くに居たなら喰ってくるはずです


冬眠動物ですから時期は5月下旬から10月末辺りまでが時期だと思ってください
気温や環境によって多少ずれます


で、仕掛けた糸の先を岸の固定物に括り付けるか、竹などに結んで土手や川底に刺し込むだけです
ココで問題は道糸の長さを長くしすぎると障害物に巻き付いて切られてしまうか
もし水中だと呼吸が出来ずに死んでしまう事もあります
オイラも昨年、土手横の水の中から生えている草に道糸が巻き付いて呼吸困難で死亡してました




オイラの仕掛けは1m程の目竹を使い、土手に差し込む側の20cmくらいのところに道糸を結び
反対側の竹の穴に針先を差し込んで仕舞って有ります(道糸の長さは約80cmほどですね)

使用するときに針を外してエサを付け、竹を土手などに刺して仕掛けを投入するだけです
こうする事で多少暗くても仕掛けた場所が竹で判りますし
釣れていない仕掛けを仕舞う時も針を元のように竹の穴に刺し込むだけです


この方法だと竹を纏めて運べば荷物が少なくて済みますから、近場なら自転車や原付でも十分利用できるわけです
(竹の仕掛け・タモ網・蓋のできる大きめの容器・エサ)


仕掛けの道糸のサイズは、テグスなら7号以上で水糸やタコ糸でも可能です
一応遊魚者の場合は竿釣りと同じで本数が地域によって決められています








スポンサーサイト


スッポンの置き針 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| 釣り・捕獲TOPへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。